入社3ヶ月で辞めたいときにやるべきこと

入社3ヶ月で辞めたいときにやるべきこと

会社を辞めたいと思う時ってありますよね。私もあなたと同じように入社3ヶ月目の頃には辞めたいと思っていた時期があるので、あなたの気持はよく分かります。

 

会社や仕事にも慣れていない時期なので、余計辞めたいと思うのかもしれません。そこで私の経験を踏まえて、入社3ヶ月で辞めたいと悩んでいるあなたへ5つのアドバイスをしたいと思います。

 

私の経験が参考になれば嬉しいです。

 

@初めは辞めたいと思うことが当たり前だと理解する

 

入社してまだ3ヶ月のあなたにとって、会社での仕事はどれも大変で難しいことばかりでしょう。仕事を覚えることも大変なのに、人間関係も複雑なので余計混乱してしまいます。

 

会社では学生時代とは違っていろいろな年代の人がいますし、肩書や能力によって上下関係もきっちりしています。入社3ヶ月のあなたにとって、会社や仕事に慣れてバリバリ働くこと自体ハードルが高いことでしょう。

 

入社する前には夢や希望を抱いていたのに、実際に働いてみると現実の辛さから、いつの間にか夢や希望が無くなってしまうことも多いでしょう。

 

入社3ヶ月の頃には仕事もだいぶ慣れてきたとはいえ、基本的なことをようやく覚えてきた頃ですし、次のステップに進む時期でもあります。仕事がだんだんと大変になってくるのと同時に、仕事に対してのストレスも大きくなってくるのは当然です。

 

ストレスが溜まれば仕事自体が嫌になりますし、いずれあなたのように会社を辞めたいと思うようになるでしょう。

 

これはあなただけではなく、多くの人が経験することでもあります。いきなり入社した会社が自分のピッタリで、働きやすい会社だと思えるのは少ないでしょう。

 

初めは戸惑いながらも何とか頑張って仕事を覚えて、毎日必死で働くことでいつの間にかスキルが身に付いていきます。入社3ヶ月のあなたにはスキルはまだまだ全然ついていないでしょう。

 

自分ができる仕事が少なければ、当然仕事の面白さを理解することもできませんよね。入社3ヶ月で会社を辞めたいと思うのは特別おかしいことではなく、当たり前の感情だと言えるでしょう。

 

そこで辞めたいと思ったからすぐに辞めるのか、反骨精神で意地でも頑張ろうと努力するなど人によって行動も変わってきます。最終的にはあなたが決断することですが、これから先も同じように仕事を辞めたいと思う時が出てくるでしょう。

 

その時に今回と同じように辞めたいと思ってすぐに辞めようとすれば、後で困るのはあなた自身です。あなたが会社を辞めたいと思って辞めるのは自由ですが、辞める前にできることがあります。

 

まずは自分でやれることをやってから、どうしても辞めたいという意思が固まったらやめる方向で考えてみてはいかがでしょうか。

 

A辞めたい理由を明確に考える

 

あなたが入社3ヶ月で会社を辞めたいと思うなら、辞めるに値する明確な理由を考えてから退職しましょう。明確な理由とは単に辞めたいと思ったり、ちょっと嫌なことがあるから辞めたいと思う程度ではダメです。

 

上司に怒られたので次に日に会いたくないので、辞めたいと思うことは多々あるでしょう。嫌いな先輩に文句を言われたことで、傷ついて辞めたいと思うこともありかもしれません。

 

会社を辞めたいと思うことは多々ありますが、どれも辞めるにはあまりにもくだらない理由です。あなたにとって大きな問題かもしれませんが、客観的に考えて怒られたり文句を言われたから会社を辞めてしまうのは、おかしいと思いますよね。

 

あなた自身にしか本当の辛さは分かりませんが、他人が同じように辞めたいと思っていた時に、そんなことで辞めるのかと思ってしまうはずです。

 

辞めるに値する理由を明確に考えることで、後で辞めた時に後悔することもなくなります。上司から怒られただけではなく、理不尽な態度や嫌がらせのように圧力を掛けられれば、辞めたいと思うのは当然です。

 

嫌いな先輩に仕事に支障が出るほどの嫌がらせをされれば、ストレスによって辞めたいと思うのも理解できますよね。人間関係の悪化は大きな問題になりやすいので、会社を辞めたいと思う明確な理由にもなります。

 

ただ自分が我慢をすれば解決する問題ではなく、よりエスカレートしたり場合によってはあなたがストレス性の病気になってしまうことも考えられます。本来ならば追い詰められる前に辞めたいですよね。

 

そのためにも明確な理由を考えて、自分ではどうすることもできない問題が起きていれば、入社3ヶ月でも会社を辞めた方がいいと判断できます。

 

入社したばかりだから大丈夫とか、入社したばかりだからもう少し頑張れとうのは、理由を知らないで適当なアドバイスをしているに過ぎません。会社を辞めるのは相当な理由がなければ辞めない方がいいでしょう。

 

辞めた時に後で後悔しないためににも、明確な理由を考えておくことは大切です。

 

B辞めれば解決できる問題かを考える

 

会社を辞める前に考えることは、あなたが会社を辞めたいと悩んでいる原因が、辞めたことによって解決できる問題かを考えましょう。

 

どの会社に言っても必ずと言っていいほど嫌なことがありますし、問題は起きるものです。働いていれば嫌なことがあるのは当然で、嫌だと思いつつも生活のために頑張っているのです。

 

入社3ヶ月で会社を辞めたいと思って辞めるのは簡単ですが、果たしてあなたが悩んでいる原因を解決することができるかは疑問です。

 

例えば仕事に対して悩みを持っていた時に、あなたは今の会社の仕事は自分には合わないと考えて辞めようとするのかもしれません。

 

自分に合わない仕事は誰もがしたくありませんが、次に転職する会社の仕事は、果たしてあなたに合った仕事なのかは疑問ですよね。そもそもあなたにピッタリな仕事とはどんなものなのか、あなた自身がはっきりと分かっていないはずです。

 

なぜなら自分にピッタリな仕事は、自分でしか作り出せないからです。自分がやりたい仕事をやったとしても、どこかで不具合が生じてしまい、やりたくないことまでやらなければならないのが仕事です。

 

自分の好きなことばかりできる仕事があれば、誰もがやっていますよね。人間関係に悩んで辞めたいと思っていれば、本当に辞められば解決できるのかは疑問です。人間関係はあなたと相手とのコミュニケーションで成り立つものですよね。

 

あなたが誰とでも仲良くコミュニケーションが取れれば、そもそも人間関係が悪化することはなりでしょう。あなた自身がコミュニケーション能力がそれほど高くなければ、どの会社に転職しても結局は同じことの繰り返しになってしまうはずです。

 

あなたが会社を辞めたいと悩んでいる理由が、本当に会社を辞めることで解決できるのならばすぐに辞めてもいいでしょう。ただし根本的な解決策がなければ、辞めるのは待った方がいいかもしれません。

 

仕事や人間関係の悩みはどんな素晴らしい会社でも、多少なりともあるものです。あなたの悩みが根本的に解決できなければ、会社を辞めて転職しても同じことの繰り返しです。

 

会社を辞める前にあなたの悩みが解決できるかどうか、じっくりと考えてから辞めても遅くはないでしょう。

 

C上司に相談をしてみる

 

3ヶ月で仕事を辞める時に後で本当に後悔しないか考えましょう。まだ仕事に慣れていない時期でもあるので、仕事の楽しさを知ることもできていないでしょう。

 

どんなに大変な仕事でも、やりがいや楽しさを見つけることができれば、長く働き続けることはできるものです。入社3ヶ月では仕事で覚えることも多いので、仕事自体が辛いとしか思わないはずです。

 

仕事の楽しさを考えるよりも、いかに仕事をこなすか毎日必死で余裕もないはずです。そんな時に自分一人で辞めるか悩むよりも、相談した方がいいでしょう。

 

信頼できる上司に相談をすることで、あなたの悩みについて解決できるヒントがもらえるかもしれません。上司もあなたと同じように、入社3ヶ月目の時期や辞めたいと思ったことを経験しているはずです。

 

あなたの気持を理解できるはずなので、きっと上司の経験を活かしたアドバイスをしてくれるはずです。単に入社して間もないから勿体ないというだけでなく、具体的にあなたの悩みについて聞いてくれれば、しっかりとしたアドバイスをしてくれるでしょう。

 

ただ上司の言葉の重みや大切さは、入社差3ヶ月のあなたには響かないかもしれません。なぜならあなたの頭の中には、相談すると言っても会社を辞めたいという頭しかないからです。

 

もしも上司が真摯に向き合ってアドバイスをしてくれれば、上司の言葉の意味をしっかりと理解するように努力しましょう。

 

あなたが十数年後には上司の言葉の意味を理解することができるかもしれませんが、若いうちはなかなか理解できないことも多いものです。立場が違うと物の見方や考え方も違ってくるからです。

 

ただ上司はつらい時期を乗り越えて、辞めたいと思って頑張って仕事をしてきたことは事実です。上司に相談をすれば先人の良い話を聞くことができるので、あなたの人生のおいても良いアドバイスとなるでしょう。

 

上司だけでなく先輩に相談してもいいかもしれません。先輩ならば上司よりも近い存在出話しやすく、あなたの悩みもきっと経験したことがあるはずです。

 

仕事の悩みや人間関係についての悩みならば、先輩に相談をしてみるのもいいでしょう。先輩は前向きに考えることが多く、会社を辞めるよりも何とか生き残る方法を考えていることが多いです。

 

会社を辞めることのデメリットを知っているので、意地でも会社に残りたいという思いが強いからでしょう。

 

辞めたいと思って辞めるのは簡単ですが、転職活動の難しさや悩みがなくなることがないのを知っているので、先輩から社会の厳しさを聞くこともアドバイスになるかもしれません。

 

D辞めるなら次にやりたいことを見つけてから辞める

 

会社を辞めることが良かったのかどうかは、最終的にはあなた自身が感じることです。会社を辞めたいと思ったら、すぐにでも辞めることはできます。

 

しかし会社を辞めたところで、あなた自身が明確な目標ややるべきことがなければ、辞めても意味がないでしょう。辞めて他の会社に行けば大丈夫だと思っていても、実際に働いてみると前以上に悩みが大きくなることも感がれられます。

 

そもそも転職するのはとても大変なことで、あなたの希望通りに転職できるかも疑問でしょう。入社3ヶ月で辞めてしまう人を採用したとすれば、同じようにすぐに辞められてしまうかもしれないと考えるのは自然なことです。

 

あなたが思っているよりも転職活動は、厳しい状況になるでしょう。そのためにもあなたが会社を辞めたいと決意したのならば、辞める前に次にやることを明確に決めてから退職するようにしましょう。

 

あなたがやりたい仕事があれば、例え3ヶ月で辞めたとしても悪い評価にはなりにくいですよね。自分のやりたいことに向かって突き進むことは、決して悪いことではありません。

 

やりたいことが見つかれば目標を明確に決めることもできるので、多少のつらいことでも乗り越えるだけの力を発揮するでしょう。会社を辞めるときにただ仕事が嫌だから辞めたいのと、次にやりたいことを見つけてから辞めるのでは、あなたにとってどちらが良いかは一目瞭然ですよね。

 

人は明確な目標が決まれば、どんなに困難なことでも挑戦する勇気が湧いてきます。転職活動は厳しいものですが、自分のやりたいことのためならば必死で転職活動をすることもできるはずです。

 

もしもやりたいことがないまま辞めてしまっては、どんな仕事に就くか悩むのでムダな時間が過ぎてしまいます。生活のことを考えると早く仕事を探さなければならないので、条件の悪い会社やとりあえず働ける会社に入社してしまうでしょう。

 

そこでは長く続けられずにまた同じように転職活動をすることになります。負の連鎖に陥ってしまうと抜け出せなくなるので、会社を辞めるならば次に何をやりたいか見つけてから辞めるようにしましょう。

 

まとめ

 

入社3ヶ月で辞めたいあなたへ5つのアドバイスをしました。仕事をしていれば嫌なことは多く、つらいこともたくさん経験するでしょう。

 

それはどの会社に転職しても同じことです。ならば自分がやりがいを持ったリ楽しさを感じられる仕事をすることで、悩みを軽減することができるでしょう。

 

辞めることは簡単ですが、辞める前にやるべきことをやってから辞めましょう。あなたが一番やりたいことを見つけることが大切です。